torimiのブログ

日常のたわいのない事を綴っていきます

すずめの巣立ち

雨どいから落ちたすずめの子を拾って育てました。12日間ほどで巣立って行きました。
最初は巣立ちが目的で育てたわけですが いざその時がきた時は 迷いました。
夜はどこで寝るんだろう。餌はみつけられるのだろうか?おぼつかない飛び方で 
大きな鳥に襲われないか 人の愛情で育ててしまったので口移して食事していたのが
急に自分の力で生きなければならない現実に対応できるんだろか。
いっそ鳥かごを買って 家で育てようかまで考えました。
すっかり過保護な親バカになっていました。
餌を用意すると飛んできて手に止まり口を開けてねだります。 腕から肩に頭に
と人間の体にとまり それは可愛いものです。振り放しても ホバリングをして肩に止まろうとして離れません。。
声をかけれはどこに居ても パタパタ羽音を立てて飛んできたのに。一日家を空け
帰宅し いつものように声をかけ指に止めようとしましたら 狭いところ 見えない
四隅にと逃げ回って急変していました。いくら追っかけても逃げ回ってばかりで
つかまらず 変りようにショックでした。
一日留守にしている間に野生にかえったのでしょうね。窓を開けたら 飛んでいって
しまいました。あっという間でした。
私・情が移ってしまったのでしょうね。もしかしたら帰ってくるのではと思い 
外に出て名前を呼んでみたりしましたがそれっきりでした。
あぁ 感情があるって悲しいことです。