torimiのブログ

日常のたわいのない事を綴っていきます

豊かな時代

近所の方は律儀な人が多く回覧板を持って行っただけでも


「ちっと待ってなねぇ~」と畑に走って


かぼちゃ スイカ スモモ 屋敷で育てたものなら何でも持たせてくれます。


手ぶらじゃ帰さねどぉーって感じ。土地を遊ばして置くのが もったいない


草だらけにしておきたくないそんな事から 毎年 同じような作物を作る。


作ったは良いが食べきれない。「人に やってもいいし」と作る。


早く食べないと駄目になるからと立て続けに頂く。


昔のように 食べ物を処分する時の後ろめたさが徐々に無くなってきてる
 
自分にきづく。